Vol.1 この事業を始めた理由

~21世紀を生き抜く子どもたちに~
0歳からの心を強くする言葉がけと英語力が一度に身につく画期的な幼児教材
『ジーニアスハート』

初めてお読みいただく場合は、以下も併せてご覧ください。
☆自己紹介  ☆この事業を始めた・想い理由
☆めざすもの ☆ジーニアスハートのコンセプト ☆愛知県の経営革新計画認定事業です

子どもみらいプロデューサーの冨田高子です。
本日もブログをお読み頂き、ありがとうございます。

きょうのブログは、
なぜこの事業を始めたのか?
どこへ行こうとしているのか?
というお話です。

「必然は 偶然の顔して やってくる」

私たちがこの事業を始めたのは必然のような気がしてなりません。

25年前のきっかけ

ときはさかのぼり、25年ほど前

我が家に児童養護施設の子が遊びに来ました。

事情があって親とは一緒に住めずに施設にいる子です。

そんなに言葉を交わしたわけではないですが、
我が家をうらやましいなぁと思っているのが伝わってきました。

「家にお母さんがいる」

ということが憧れだったのかもしれません。

そのときこう思いました。

子どもは非力で環境は選べない。
だから、どんな環境でも

「幸せだ」と思える人生を自分で築いていけるといいのに・・・。

やり方がわからず、あきらめて・・

でもどうしたらいいかわからない・・・

10年程はあれこれ模索していました。

けど、やっぱりやり方がわからなかったです。

そしてそのまま月日が流れ、
私はそのことを忘れていきました。

ところが5年前のこと。

クラ・モチベーションの経営者倶楽部という勉強会に参加しはじめました。

ここでは毎月理想状態を書くワークがあります。

それを書いていたら、思い出しました。

子どもは非力で環境は選べない。

だから、どんな環境でも
「幸せだ」と思える人生を自分で築いていける。

そういう事業をやろう!

それでもまだやり方がわかりませんでした。

悶々とした日々。


道が開けた


ところが、2年程前、強力な協力者が見つかりました。

それは、バスの隣に座った人でした。

そうやって

0歳からの 心を強くする言葉がけと
英語力が一度に身につく画期的な幼児教材
『ジーニアスハート』の開発が始りました。

社会保険労務士として、企業で
「自立型人材」の研修講師をさせて頂いてきて

感じることは、
「オトナになってからやっては 時間がかかりすぎる」ということです。

0歳~2歳の成長発達黄金期に
働きかけをしていくことがとても重要
だと思っています。

25年前から思い続けていた
(間に何年かは記憶の引出しにしまいこんでいた)

この事業を軌道に乗せて
当所の理念である「幸せの連鎖」が広がっていくのを見届けるまで死ねません。

人生とっくに折り返し地点を過ぎましたががんばっていきたいと思います。

ご興味があれば、お気軽にお声がけくださいね。


===============
↓ご依頼・お問い合わせはこちらです。

お気軽にどうぞ
https://ws.formzu.net/fgen/S82751358/

↓サービス詳細はこちら↓
  
https://hoiku.apriori-t.jp/

無料の体験説明会をオンラインで開いております

※ご参加は導入を検討されている園の責任者の方に限らせて頂きます

お申込み後、詳細をお知らせします



======================

2件のコメント

  1. 素晴らしい~✨
    こうなるための偶然のようで必然なんですね✨✨
    私も0才も戻りたいワ🥰

    1. くうちゃん、コメントまでくださって、ありがとうございます!
      くうちゃんは良い成長をされているので大丈夫ですが、
      私は0歳に戻って、ジーニアスハートを受けたいです。(笑)→笑ってるけど本気!
      くうちゃんのホスピタリティすごいです。心に沁みます。ありがとう。Thank you so much!

apriorihoiku へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です