vol.29 幼児の英語教育って効果あり?

~21世紀を生き抜く子どもたちに~
0歳からの心を強くする言葉がけと英語力が一度に身につく画期的な幼児教材
『ジーニアスハート』

初めてお読みいただく場合は、以下も併せてご覧ください。
☆自己紹介  ☆この事業を始めた・想い理由
☆めざすもの ☆ジーニアスハートのコンセプト ☆愛知県の経営革新計画認定事業です

子どもみらいプロデューサーの冨田高子です。

本日もブログをお読み頂き、ありがとうございます。

きょうのブログは、9月のフェイスブックでお話しした
幼児の英語教育についてです。

これをお読みいただくことで
幼児がどのように英語と接するといいのか
ジーニアスハートはどう活用できるのか
伝わるとうれしいです。

小学校から英語教育が必修化しましたね。
そこでますます幼児に対する英語教育が熱を帯びているようです。
なるべく小さなうちに英語を習わせようとする親御さんも増えています。

幼児の英語教育は効果があるのでしょうか?
日常で、どんな風にすると良いのでしょうか?

フェイスブックで、
子ども教育の専門家 脇田先生と大久保先生にお話しいただきました。

フェイスブックライブはこちら

幼児に英語は効果がある

幼児には以下の点から効果があるといいます。

〇吸収力がすごい

〇耳がいい

〇面白がって学べる

日常で使えるあれこれ

日常で使えるあれこれとしては、

〇英語だけの環境を作る
 たとえばお風呂の中で英語でカウントする(これはよくやってるかもですね)
 車の中は英語を使う

〇必要な状況にする
 たとえば、「オレンジジュースほしい」というときに、
 「Orange juice please (オレンジジュース プリーズ)」というと
 オレンジジュースがもらえる

〇「英語を勉強する」というよりも「楽しいことをしている」というようにする
 

そんなことが話されていました。

私たちの0~2歳向け教材ジーニアスハートでは、

上記のような考え方で、英語が自然に入ってくるように工夫しています。

ぜひ、保育園でのご活用をご検討ください。

説明会とモニターで一緒に必要かどうかの判断をしていただけます

私たちの教材は、30年超の教育現場において

個別指導、集団指導をしてきたベテラン教育者が開発・監修しています。、

くふうをこらした教材を作り続けていきます。

でも、「実際どうなんだろう?」「うちではどうだろう?」と

ご心配かもしれません。

ご安心ください。

2か月無料モニターで、実際にお試しいただいてからのお支払いになります。

2か月は費用がかかりません。

まずは、オンライン無料説明会にご参加ください。

<導入を検討されている園の責任者の方向け>

お申込み後、詳細をお知らせします。

新たな扉を開いてみてはいかがでしょうか?


===============
↓ご依頼・お問い合わせはこちらです。

お気軽にどうぞ
https://ws.formzu.net/fgen/S82751358/

↓サービス詳細はこちら↓
  
https://hoiku.apriori-t.jp/

無料の体験説明会をオンラインで開いております

※ご参加は導入を検討されている園の責任者の方に限らせて頂きます

お申込み後、詳細をお知らせします



======================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です