vol.35 比べることの良し悪し

初めてお読みいただく場合は、以下も併せてご覧ください。
☆自己紹介  ☆この事業を始めた・想い理由
☆めざすもの ☆ジーニアスハートのコンセプト ☆愛知県の経営革新計画認定事業です

WECジーニアスメソッド でみんなすごく伸びた

WECジーニアスメソッド(ジーニアスハートのもとになっているメソッド)でプログラミングを学んでいる子どものタイピングすごく伸びている!


Aさん 630→2671  4.2倍
Bさん 157→1153  7.3倍
Cさん 524→4358  8.3倍 :プログラマーの人達を超えた!
Dさん 733→1000 1.3倍


これ見てどう思われます?親御さんだったらどんな声掛けします?
WECさんの先生だったら、ひとりひとりを見た、ひとりひとりが自分を認められる声がけをしていると思います。

どんな声掛けをしますか?


もしDさんの親御さんだったらどうでしょう?


励ましているつもりで、
「先回トップだったのに、最下位じゃない!もっとがんばりなさいよ」なんて言ってしまったらまずいですね。


Dさん自身もそう思ってしまったら、落ち込んじゃうかも?


「Dさん がんばったね。その調子だよ」
「みんながんばったから、どんな練習してみたか、他の子にも聞いてみようか」
など、私なら、そんなふうに声をかけてみたいです。


もっと良い声がけがあったら、コメント欄で教えてくださいね。

ご家庭でも、会社でも、良かれと思っての声かけが、逆効果になることもありますね。


★伸び方は人それぞれ、人と比べず過去の自分と比べるのがいいなぁ。

自分自身に声かけする場合も、他の人と比べず、過去の自分と比べるのが良いですよ。

最近はSNSの利用者が増えて、誰かの投稿内容を見て「あの人すごいな。それに比べて自分はダメだ」と思ってしまうことが多いと聞きます。人と比べて元気が出るとか、励みになるならいいですけど、傷ついたり、劣等感を感じるなら、「人と比べない」と決めて見ることをおすすめしますよ♪

保育園で0歳から自己肯定感を高めるジーニアスハート


そうやって、保育スタッフも子どもたちも
「自己肯定感」を高め、
「生き抜く力」をつけ、
『幸せ感を感じながら、自分の望む人生を創っていける』
そんな環境づくりと教育を0歳~2歳を預かる保育園でやっておけば、何か人生においてハプニングが起こっても、うまく対応できる可能性が増える(^^♪
そう思っています。
そんな子どもたちを、周囲のおとなとともに育んでいく保育園向けプログラムがジーニアスハートです。
上記のような『幸せ気分で暮らすベースを改めて作っていく』保育スタッフ向け、保護者向け勉強会がセットです。


ジーニアスハートが広がっていくといいな。

ひとりでも多くの人が心満ち足りて暮らせますように。



★★保育スタッフ向け勉強会の無料体験会(オンライン)を
ご希望の保育園さんは、こちらからお申し込みください。

★★このプログラムの無料説明会(オンライン)を
ご希望の保育園さんは、こちらからお申し込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です